考えることを褒める 

2014/12/27
Sat. 10:00

2370

アトムさんは、自分が大好きなおもちゃやオヤツに対する執着がすごくて
「出せ」のコマンドが効かないことが多々あります。

ガジガジするようなオヤツは、いまだに難しいのですが、
おもちゃは「絶対イヤ」モーメントに入っても、時間をかければ「出せ」ができるようになってきました。

できるようになったきっかけは、シーザーだかザックだかが言っていた
「考えてることを褒めて!」という一言。

人間って、どうしても「シット」って言ったらお尻が地面についたのを確認して褒めてしまいます。
でも、それだとなかなか褒めるきっかけがなくて、
ほんとは、「シット」っていうコマンドで、お尻が地面についていなくても、
表情とか、こうするのかなぁ〜ってちょっとお尻を落とし始めた時点で、
「グッド!」=「あなたのやってることいいよ!」って褒めてあげるといいんだって。

おもちゃをくわえたまま、しぶしぶわたしの前に座ったら褒める、
「ドロップ」で、出せてないんだけど、あうあう口を動かしてたり、
微妙に頭を動かして「どうしようかなぁ〜」って考えてる時点で、
「イエス」or「そう!」=「そうよそうよ、いいこと考えてるよ」と言ってると
そのうち、大切なおもちゃをそっと手渡してくれます。

タイミングと粘り勝ち!

↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2017-08